おさらい:オンライン緊急レポート会 イタリア・スペインからお届けします!(6月6日開催致しました)

6月6日、「オンライン緊急レポート会 イタリア・スペインからお届けします!」を開催いたしました。
ご参加頂きました方々ありがとうございました。また、満席となりご参加頂けなかった方々もいらっしゃったこともあり
簡単ですがおさらいと時間の関係でお答えできなかった質問への回答を記載していきます。

■レポート会・ディスカッション
イタリア・スペインよりレポート、ワクチン接種状況や夏のバカンス状況、現地イタリア人・スペイン人から生の声を届けて頂きました。

「イタリア・スペインとも日本からの旅行客への扉は開いている!あとは日本次第です!」、「コロナが収束したら、とにかく訪日したい!あとは日本次第です!」という声・・・かなり、日本に期待をされている感じと、コロナはワクチン接種と共に消え去っているかのような現地の雰囲気が伝わってきました。

■Q&A
Q)ワクチン接種に関しての質問です。イタリア、スペインで接種が進んでいるようですが、地方都市で首都と同じくらいのスピード進んで  いるのでしょうか?そして、接種が進んだ事によって国民の感染対策の意識が緩んでいるって事はないでしょうか?
A)接種のスピードは首都圏、地方で多少の差はあるもののほぼ同じペースで接種が進んでいます。接種がすすむことで国民の感染対策の意識が緩むことは、実際にあり得ることかと思いますが、各州での感染防止基準があり、市民はそれを遵守しての生活となり、概ねしたがっていると思います。若者、そして国外からの観光客のルール違反が散見されることも事実です。ちなみに、市内では警察が見回りをしており、ルールを順守していない人がいればその場で注意されています。

Q)スペインでは5月に規制緩和されたとのことですが、イタリアでは日本の様な飲食店の時間規制やアルコール提供の制限はありますか?
A)イタリアの規制は四種類の色分け赤・オレンジ・黄・白が20の州の状況により毎週変わります。今ローマは黄色です。飲食店規制は営業夜23時まで。アルコール提供あります。日本と違い飲食と飲酒はセットですのでアルコール規制はありません。

Q)イタリアでは休業補償が滞りなく支払われていますか?
A)休業補償、自営業と会社・会社員それぞれ違いますが、ローマの日系企業に働く会社員によると、国からの補償金は滞っていて今は3月分迄しか個人口座に入っていないようです。自営業は業種によってバラつきがあります。

Q)イタリア国内でのワクチン接種反対運動はどんな状況ですか?ヨーロッパ、米国ともワクチン接種後の死亡者が5千人を超えているというネット情報を見聞しており、ワクチン接種を拒否している人もいるとのことですが現実はいかがですか?
A)反対運動は開始前から最初にかけてあったのですが、大きな運動ではなかったと記憶しています。今は私個人的には反対運動があるとかは耳にしていません。5000人の死亡者は初耳です。周りの人達も知らないです。ワクチン拒否というか、したくない人も周りには居ますが、大多数の人は早くワクチン打ちたいようです。

Q)今後、海外旅行予定者にはワクチンパスポートの保有義務化はなりそうでしょうか?
A)ワクチンパスポートの保有義務の有無は、不明ですが、今イタリアやEUでは統一したワクチンパスポートを計画しています。自国内EU内を自由に往来出来たりコンサート等施設の入場などに利用します。更に保有しているとその都度のPCR検査追加や出入国や搭乗の手続きがスムーズに進んでいくと思います。ワクチン接種出来ない人もいますので、その点を第一に考えて計画をしているようです。

Q)イタリアの旅行代理店からガイドの発注される場合、日本のガイド業務に従事する人はワクチン接種されないとだめなのでしょうか?
A)イタリア人はワクチン接種の有無は気にしないと思いますが、日本の旅行代理店が気にする可能性は大ですね。ワクチンは仕事の為でなくご自分と周りの方々の為にお考えくださいね・・・

Q)スペインに関して、人数制限、収容制限やマスク着用義務等はあると思うのですが、見ている感じだと、ほぼコロナが流行る前に戻っているように見えます。そこで、コロナ以前と現在で変わっているところがあれば詳しく教えていただきたいです。
A)全体的に、日常生活においてはだいぶコロナ以前の生活に近づいているかと思います。マスク着用、レストラン、店舗での収容人数、フェア、結婚式などのイベント人数制限などは、まだ日々の生活としては影響があります。また、テレワークが浸透しており、以前に比べ朝晩のラッシュがだいぶ緩和されております。

Q)イタリアでもスペインでもオリンピックの話題がないというのは、ただ単に関心が薄いからでしょうか?
A)スポーツでいえば、オリンピックよりもサッカーヨーロッパカップ、テニス全仏オープン(スペイン人ナダル選手の活躍)の方が現時点での関心が強いということかと思います。オリンピック自体があることは認識していますが、まだそこまで関心がありません(メディアで取り上げられることも少ない)。オリンピックが始まれば自然とメディアの露出も増え関心も上がると思います。

Q)ポストコロナ時代には暫く航空運賃は高止まりすると報じられることが多いと思いますが、いかがでしょうか?
A)ランドコストよりやはり航空運賃の値上がりがあると予想されます。

Q)スペインは日本人旅行者に門戸を開いているといいますが、再入国の時にPCR陰性の証明書が必要でしょうか?又、一般的に旅行者用のPCR検査の方式は、なりすましを避ける為に対面式(もしくはリモート問診で)でしょうか? 
A)スペイン人であれ日本人であれ、日本からスペインへの入国時にはPCR陰性証明書は不要です。一方、スペイン国の定めるコロナ感染危険地域とされる国からの入国の際はPCR陰性証明書は必要で、PCR検査はすべて対面式となります。(検査は受診後翌日に結果受け取り)


< パネリスト >
イタリア ローマ  坂井田さん(JASGAローマ公認ガイド協会)
イタリア ピサ   吉田さん   (BENETTI 勤務)
 
スペイン マドリード 保科さん (ミキトラベル マドリード支店長)
スペイン バルセロナ 武田さん (ミキトラベル バルセロナ支店長)
みゅうオンライン体験ツアーページhttps://www.myushop.net/specials/detail/2674?frmbnr=tlb

みゅうオンライン体験ツアーでスペインを感じて!そして・・・行こう!




この記事を書いた人

一般社団法人日本ツーリストガイド・アシスタント協会 事務局になります。