2020年 12月 07日

第2回イタリア映画よもやま話

ディエゴ・マラドーナはランディ・バースか

ディエゴ・マラドーナが亡くなった。彼の死の第一報が届いたのは日本時間の夜遅くだったので、私がそれに気づいたのは、ほかでもないイタリアの友人によるSNSの書き込みだった。祖国アルゼンチン、スペインのサッカー・リーグで活躍していたマラドーナは、1980年代に弱小サッカーチームだったSSCナポリの強化のために招かれ、セリエAで7年間プレイし、ナポリを2度優勝に導いた。それが理由で、ナポリでは今でもマラドーナが神様と崇められており、個人経営のバールなどで、彼の写真やポスターが貼ってあるのをよく目にする。そんなわけで、マラドーナの訃報は、ナポリを中心にイタリア全土で大きな衝撃を与え、SNSは追悼コメントであふれかえったのだった。

弱小チームを優勝に導いた外国人助っ人という意味では、阪神タイガースにおけるバースのような存在なのか。いや、マラドーナはより濃く、深く、ナポリの人々の心に入り込んでいるように思われる。もはや彼らのDNAの一部になっているという印象さえ受ける。

だが、神様マラドーナには影の部分もあり、ナポリ滞在時は犯罪組織カモッラとの黒い交際、浮気相手とのあいだにできた子どもの認知拒否などなど、スキャンダラスな私生活を送っていた。夭折の歌手エイミー・ワインハウスのドキュメンタリー『AMY エイミー』などで高い評価を受ける映画制作チームが、2019年に『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』を発表している。その編集を担当したクリス・キングの説明がこうだ。「周囲の人間にインタビューをしていくうちに、ディエゴとマラドーナという二人の異なる人物像が浮かび上がった。マラドーナは大衆が見ていた傍若無人なサッカー選手で、ディエゴは心優しい好青年。最終的にマラドーナだけが残って、ディエゴは押しつぶされてしまった」

なるほど。そうなってくると、バースではなく清原に似ているのかもしれない。やんちゃな「番長」というパブリックイメージが先行するあまりに、自らもそのイメージに潰されてしまった。だが人々は心のどこかで、野球を愛する高校球児の彼を忘れられないでいる。選手としての偉業に加え、マラドーナにもこれと似た二面性があったからこそ、尋常では考えられないスターになりえたように思う。

そんなマラドーナを描いた作品でもう一つ気になるのが、2021年にNetflixで公開予定のパオロ・ソレンティーノ監督”È stata la mano di Dio”(それは神の手だった)というフィクション映画だ。ナポリで生まれ育ったソレンティーノ監督は現在50歳で、まさに多感な青年時代にマラドーナの活躍を間近で見ていた。ソレンティーノは2013年にアカデミー外国語映画賞を受賞したとき、「この賞を、私の創作の源泉となったフェデリコ・フェリーニ、マーティン・スコセッシ、トーキングヘッズ、ディエゴ・マラドーナに捧げます」とコメントしている。面白いことに、ソレンティーノは愚直に、この4つの源泉を主題にした映画を撮ってきた。フェリーニ的な映画を撮り、スコセッシ的な映画を撮り、トーキングヘッズが出てくる映画を撮った。そして今回はついにマラドーナにお鉢が回ってきたのだ。果たしてナポリのDNAに染みこんでいるマラドーナを、ナポリ人ソレンティーノはどのように描くのだろうか。

パオロ・ソレンティーノ監督

それを考える上でのヒントがある。実はソレンティーノはすでに、自らの映画にマラドーナを登場させているのだ。2015年に公開した『グランドフィナーレ』だ。「老いの先にある希望」をテーマにした本作は、スイスの人里離れた高級ホテルが舞台となっている。そこは世界のセレブたちが集まる保養地で、重要な公演を断り続ける高齢の名指揮者フレッドは、日がな友人たちと四方山話に明け暮れている。そこに滞在しているセレブの一人にマラドーナらしき人物がいる。もはや温水プールをゆっくりと歩くことしかできない肥満体になり下がり、呼吸困難を引き起こしては、酸素ボンベを携帯している連れの女性に助けてもらう。その様子をホテルの滞在客たちは遠巻きに見ている。スーパースターの変わり果てた姿は、物語の本筋に関係ないのだが、主人公たちがうっすら感じている過去の栄光の虚しさを、再認識させる役割を果たしている。

いかにもソレンティーノらしい演出だ。というのは、彼は全作品を通して「醜いものをどれだけ美しく撮るか」に固執しており、それが彼の映画の大きな特徴になっている。つまり、ここでマラドーナははっきりと「醜」の対象として描かれているのだ。そしてその傾向は、少なからず新作でも見られるのではないかと予想される。

 奇しくも2020年11月上旬にソレンティーノは”È stata la mano di Dio”の全シーンを撮り終えたと発表していた。まさかその数週間後にマラドーナの訃報を聞くとは思っていなかっただろう。この「喪失」が編集作業に何かしらの与えるのか。一ファンとして映画の公開を楽しみに待ちたい。

この記事を書いた人
二宮 大輔

二宮 大輔

観光ガイド、翻訳家 2012年ローマ第三大学文学部を卒業。観光ガイドの傍ら、翻訳、映画評論などに従事。訳書にガブリエッラ・ポーリ+ジョルジョ・カルカーニョ『プリモ・レーヴィ 失われた声の残響』(水声社)。