第4回 イタリア映画よもやま話

   『天空の結婚式』 同性愛の新しい描き方

 

© Copyright 2017 Colorado Film Production C.F.P. Srl

LGBTQのQとは何か。そもそもLGBTという言葉が出回りはじめて、だいぶたってからようやくL(レズビアン)、G(ゲイ)、B(バイセクシャル)、T(トランスジェンダー)の略称であることを覚えたというのに、いつの間にかしれっとQが追加されているではないか。これはどういうことか。

インターネットがあっさり答えを教えてくれた。Qはクエスチョニング。つまり自分が男性、女性のどちらの性を愛するか決められない、もしくは決めていない人のことらしい。ちなみにLGBTという呼称は、2006年、性的指向に関わらずすべての人を対象にした国際総合競技大会ワールドアウトゲームズの宣言で用いられ、世界に広まったらしい。ではQというのはいつごろからそこに加わったのか。近年マスコミが使い始めたように思うが、どのタイミングだったのか。次々と湧いてくる疑問を解消しようと調べていると、LGBTQIA+という用語を発見してしまった。Iはインターセックス(男性とも女性とも断定できない身体構造を持つ人)、Aはアセクシュアル(男性にも女性にもれない感情を持たない人)、+はそれ以外の性的マイノリティーの言葉では定義できない人だそうだ。多様な性的指向を尊重することに異論はないが、呼称の変遷を追っていると、なんだか疲れてきた。

 疲れた頭でさらに考えを巡らせると、LGBTという呼称が使われはじめた2000年代後半から、イタリア映画でも同性愛を描く映画がぐっと増えた。世の動きを反映した当然の結果だろう。もちろん、それ以前にも同テーマを扱った作品はあるし、なんなら中年紳士が美少年に恋をするルキーノ・ヴィスコンティ『ヴェニスに死す』などは、映画史に燦然と輝く名作だ。だが当時は、ローマに拠点を置くカトリック教会が、基本的に同性愛を自然に反する罪深い行為とみなしているため、映画で同性愛を描くことはカトリックを挑発することになり、まさしく「異端」というイメージを伴っていた。

© Copyright 2017 Colorado Film Production C.F.P. Srl

現在もそのイメージは少なからず残っているし、経済協力開発機構の2019年の報告書によると、イタリアにおける同性愛の受容度は日本よりもずっと低くて、加盟国36か国中30位とのことだ。それでも、過去と比べると、ずっとカジュアルに、いわゆる娯楽映画でも同性愛を扱うようになった。そしてその傾向は動画配信サービスの台頭とともにさらに加速する。これがちょうどLGBTにQが加わったころだろう。群像劇のドラマには、必ずひとりは同性愛者の主人公が出てくる。その人物設定も、厳格な男性社会であるロマ族の跡継ぎだったり、孫がいる初老の男だったり、実に多様になってきた。まさにイタリア映画における同性愛の描き方が、新たな段階を迎えたという印象だ。

今年の1月に日本で公開が始まった『天空の結婚式』もそんな「新たな段階」の映画だ。ベルリンで役者として暮らすアントニオが、同棲している彼氏パオロにプロポーズする。アントニオの両親に結婚の報告をするために、故郷である中部イタリアの分離集落までやってきた二人だったが、アントニオの父親は一見リベラルなようで考え方が古く、どうしても二人の結婚を認めることができない。いっぽうアントニオの母親は、頑固な父親を納得させるためにも、強引に結婚式の話を進める。

© Copyright 2017 Colorado Film Production C.F.P. Srl

 もともとはアメリカでロングラン公演されたミュージカルを、コメディ映画を得意とするアレッサンドロ・ジェノヴェージ監督が2018年に映画化したのが本作だ。父親の無理解に苦しむ同性カップルという、さもすれば重苦しいテーマになりそうなところを、ジェノヴェージらしく、コミカルでエンターテイメント性の高い作品に仕上げている。

そしてこの映画が「新たな段階」だと感じられるのは、なんといっても二人の結婚式だ。先述のとおり、カトリック大国イタリアは、そこまで同性愛に寛容ではない。2016年になってようやく、同性カップルに結婚に限りなく近い権利を公的に認める「シビル・ユニオン」法が施行された。同性の結婚が認められていないイタリアで、村を挙げて歌って踊って盛大な結婚式をぶち上げる。それは、恐ろしく陽気であっけらかんとした形の、状況改善への訴えかけに他ならない。彼らの結婚式は、過度に深刻ぶらず、なんなら楽しみながら問題に向き合うイタリアの国民性を象徴するシーンと言える。

© Copyright 2017 Colorado Film Production C.F.P. Srl

 ところで、冒頭でLGBTQIA+という用語について話したが、『天空の結婚式』を含め、イタリア映画で同性愛と言えば、たいがいがゲイのカップルの話だ。映画が世の中の動きを反映するというのならQやIや+を主人公とする映画だってあっていいはずだ。その点はまだ映画が現実世界に追いついていないのかもしれないが、イタリアで同性カップルの結婚が認められる日も、映画がさらなる段階へ突入する日も、さほど遠くないのではないか。楽しい空気があふれる『天空の結婚式』を見ながらそんな感想を持った。

この記事を書いた人

観光ガイド、翻訳家 2012年ローマ第三大学文学部を卒業。観光ガイドの傍ら、翻訳、映画評論などに従事。訳書にガブリエッラ・ポーリ+ジョルジョ・カルカーニョ『プリモ・レーヴィ 失われた声の残響』(水声社)。

関連記事

第5回 「EL CHANKO〜DJ Aicongaの音楽雑記」
Johnny Pacheco逝去〜Faniaを振り返る① これを書いている数日前、フルート奏者、作曲家、音楽プロデューサーであるJohnny Pachecoが85歳で亡くなりました。  晩年は活動していなかったとはいえ、サルサの創始者とも言える彼の死はラテン音楽界にとって大きな悲報であり、多くのアーティストが哀悼の意を表しました。 ht……
第6回「イタリア映画よもやま話」
アズッロ・シピオーニはどこへ コロナで閉店に追い込まれたお店はたくさんあるが、イタリアからも悲しいニュースが届いた。映画館アズッロ・シピオーニが閉館するという。2021年3月1日付け『コッリエーレ・デラ・セーラ』紙ローマ版に掲載された記事によると、新型コロナウイルスで営業ができなくなったため、ローマ市が経済的に支援するはずだったが、行政の人事が変更さ……
第7回「フランス食べ歩き紀行」
「クスクスを腹いっぱい食べよう!」 渡仏したとき、いちばんに現地の友達と夕飯を食べることになった。久しぶりの再会だから「すわ、コース料理か」と意気込んでいたが、待ち合わせ場所はアルジェリア料理屋だった。クスクスを食べよう、というのだ。口にしたことはあるが、専門店でがっつり食べるのははじめて。促されるがままにクスクスと羊肉の煮込みのセットを頼んでみる。……
第4回「フランス食べ歩き紀行」
「パリで中華を食べよう!」 冬のパリで、どうしても中華が食べたいという衝動におそわれた。あまりにも寒い気候のなか、体を芯から温めてくれるような辛(から)さに対する生理的欲求が生じたのだろうか。生ビールをおともにして、あっつあつの四川料理をハフハフ言いながら思うさま食べてやりたい。  パリといえば中華料理だ。というか「パリといえば○○料理だ」とい……